ティーダ 値引き

ティーダはエコカー減税非対象車なので割高感がありますが、実はエコカー減税非対象車だからこそ大幅値引きの可能性を秘めているのです。

 

ですからエコカー減税非対象車だからっと言って諦めてはいけません!

 

しっかり値引き交渉せずにティーダを購入してしまうと得をするのはディーラーだけです。

エコカー補助金がなくなった今こそ持っている車の処理の仕方に注意を払う

エコカー補助金がなくなた今、下取り予定の車をしっかりと高値で売ることが出来ればエコカー補助金の穴を埋めることが出来、大幅な値引きを得たのと同じです。

 

どうすれば高値で売ることが出来るのか?

安値で下取りされてしまう流れ

 

ディーラー営業マンは下取り車両をまず安く見積もる


値引き交渉の中で最後の一押しとして下取り車両の買取額を上乗せ

実は上乗せされても実際の価格より安いが買取額を上乗せされたことにより満足してしまう

 

『廃車にするような車両でも利用価値はあるのです。あなたが思っているよりも下取り車両の買い取り相場は高いのです。』

 

そう『下取り車両の買い取り相場』を知らないからこのように営業マンに騙されてしまうのです。

 

営業マン騙されないように下取り車両の買取相場を無料で知る方法

 

それはネットの下取り車両一括見積もりサイト『カービュー』を使うことによって知ることが出来ます。

 

カービューを利用するメリットは、

大手下取り業者を含む下取り業者複数が一括で見積もりを送ってくれるので手間が掛からない

 

複数の業者は予め競合他社がいることを知っているので初めからズバリ高値で見積もってくるので下取り車両の買取相場がわかる

 

ソフトバンクとマイクロソフトのビルゲイツの共同会社なので安心・無料

 

下取り会社を数件高値交渉をしながらまわることなく簡単・無料で下取り車両の買取相場知ることが出来ますよ^^

 

ライバル車両の見積もりをぶつけるのはもう古い!

昔から新車の値引き交渉にはライバル車両、ティーダの場合にはホンダフリードや同じヨーロピアンテイストのマツダデミオなどの見積もりをぶつけながら交渉していくのが常套手段になっています。

 

この場合複数ディーラーを値引き交渉しながら行ったり来たりしなければいけませんし、ティーダエコカー減税のない分ライバル車両よりももっと値引き幅を大きく取らないといけませんのでこれらのライバル車両の見積もりは役に立ちません。

 

また、別の販売店のティーダの見積もりをぶつけるというのもメーカーよりニッサン同士の競合禁止のお達しがディーラーに来ているので効果はありません。

 

そこで『ティーダにはティーダをぶつけるのです!』

 

ティーダにはティーダをぶつけるといっても先程述べたようにニッサン同士の競合はメーカーから禁止されています。

 

ではどのようにしてティーダの見積もりをぶつけるのか?

 

ティーダにはティーダの見積もりをぶつける方法

 

ティーダを販売しているのは実はニッサンだけではありません。

 

『オートックワン』というネット新車販売業者があります。

 

オートックワンを利用すれば新車のティーダの値引き相場がわかります。

オートックワンを利用するメリットは、

国産車・外車のほとんどを揃えており、もちろんティーダもあります

 

オートックワンからの見積もりをネット上で値引き交渉できるからティーダにぶつけるティーダの見積もりが出来上がり^^

 

無料で利用できる上に、しつこく営業されることもないので使いやすい

 

これでティーダにぶつけるティーダの見積もりが取得できます。どうしても『オートックワン』の方が安ければ『オートックワン』で購入してしまうのもひとつの方法ですよ。

 

 

下取り車両の買い取り相場とティーダ車両本体の値引き相場、この2つを知っておけば後出しジャンケンで大幅値引き額+エコカー減税・補助金でお得にティーダを購入することが出来ます。

 

>>下取り車両の買取相場はカービューで調べよう!

 

>>ティーダの値引き相場はオートックワンで調べよう!

 

ティーダ豆知識

日産が販売する5ドアハッチバック型乗用車ティーダ。

 

2004年から発売開始したが、何かの後継車ではなく新開発車であると発表された。

 

しかし時を前後してサニー・パルサーが廃止されており、実質的な同クラスの後継車として見られている。

 

実際他国では完全後継車扱いで販売されている国も存在する。

 

プラットフォームはルノーと共同開発したアライアンス・Bプラットフォームのホイールベースを大幅に延長した物が採用されている。

 

このクラスは3ナンバーボディが採用されるのが多い中5ナンバーサイズを堅持している。

 

上級クラスと遜色無い室内空間を持ちつつ5ナンバーサイズボディに収めたことは、開発陣が道幅の狭い道路が非常に多い日本の道路事情を考慮し拘った点の一つである。

 

国内販売開始後、翌年からアジア諸国でも販売開始。

 

2006年には北米市場にも販売を開始した。2007年には欧州諸国にも販売を始め、国際戦略車としての役割を担っている。

 

2008年にエクステリアデザインの変更を中心にマイナーチェンジ。

 

2012年春頃にフルモデルチェンジが予定されている。

 

ジュネーブモーターショーでプレマシー 値引きはMX-FLEXAの名で公開されました。どういう意味なのでしょうか??

 

シエンタ 値引きは2WDと4WDで後輪のサスペンションの仕様が違うんです。ダブルウィッシュボーンのほうがいいですよね。

 

実は全国の駐在所のパトカーにも使用されているのはスイフト 値引きなんです。驚きだ。。。